ブラックカードが庶民でも持てる!


こんにちは。
ヒデチャンです。

いつも訪問していただき感謝します。


一握りの選ばれた人しか持つことのできない、

ブラックカード。


あなたは、これを持つ快感を知っていますか?

店員の扱いが明らかに変わるのです。



このカードの本当の実力を試すため、

ある20代のニートの男性A君にブラックカードを渡して

世界で著名な一流腕時計が並ぶ東京にある

表参道のブティックに入店してもらいました。



店員 「いらっしゃいませ」


明らかに、白い目で見ている。
お前に何が買えるんだよ。と思っているのだろうか。


一通り、見て回ってから、


A君 「これ見せてくれますか?」

店員 「あ、はい少々お待ち下さい」


かなり、怪しい目で見ている。
マネージャーらしき人物を連れてきた。
このマネージャーが対応してくれるようだ。


というのも、見せてくれといった商品は
1300万円のブレゲのトゥールビヨンだ。

このお店には数千万円の商品が数多く展示してあるのだ。


店員 「お客様、どうぞご覧下さい」


店員は手袋をした手で時計を持ったまま、
A君に渡そうとしない。
このまま見ろと言うのだろうか。


A君 「試着できないのですか?」


店員 「はい、大変申し訳ございません。こちらの商品はご覧頂くだけになって
しまいます」


A君 「そうなんですね、じゃあ、あの商品はつけてみてもいいですか?」


次にA君が指差したのはオーデマピゲの800万の商品だった。


A君 「購入を考えているんですよ」


店員 「え?本当ですか!?あ、ありがとうございます。」


A君、今だ!!カードを出せ!と私が合図を出した。
A君がおもむろに私が渡した財布からブラックカードを出す


A君 「気に入ったものがあれば、今日購入したいんで。」


店員はビックリした表情。急に態度が変化する


店員 「大変申し訳ございませんでした。コチラへどうぞ」


と言われ、A君はVIPルームに通された。


店員はトゥールビヨンやミニッツリピーターなど数千万級の時計を
どんどん持ってきて、試着させてくれたようだ。
結局、A君は何も買わず出てきたが、
店員はいつまでも店の外で深々と頭を下げていた。


A君は、私にこう言いました。
「本当にスゴイです。。想像以上に店員の態度が激変しました。
VIPルームではシャンパンとGODIVAのチョコが出てきましたよ!」
と、驚きを隠せなかったようです。


これが、ブラックカードの実力です。
何の地位も名誉もないA君が、
このカードを持つだけでこの様な待遇を受けることが出来るのです。


あなたも、このような待遇を受けて、
身も心もステップアップしてみてはいかがでしょうか?


詳細⇒ http://amexblack.net/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
レビュー(★は最大で5つ)

【商品のわかり易さ】→ ★★★★★
【   専門性   】→ ★☆☆☆☆
【   信憑性   】→ ★★★★☆
【   実践性   】→ ★★★☆☆
【  お買い得感  】→ ★★☆☆☆






この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。